御殿場から見える富士山が素晴らしい理由

静岡県と山梨県の県境にそびえる日本一の山といえば富士山です。

富士山は360度どの方向から見ても非常に素晴らしい山として人気がありますが、中でも御殿場から望む富士山は非常に素晴らしいと人気になっています。

では、どうして御殿場からみる富士山は素晴らしいのでしょうか?もともと交通の要の一つとして、徳川家康がここに御殿を建てようとしたことが由来になった御殿場という地名です。

ですが、ここに御殿を建てるのにはやはろ富士山の眺めというものも関係があったのではないでしょうか。

御殿場市からは富士酸の山頂部である「富士額」を眺めることが出来るという特長を持っています。

この富士額を望むことが出来るのは、実は都市としては御殿場市のみなんです。

御殿場市に隣接する神奈川県や裾野市、富士市、駿東郡小山町という地域からは、山々が景観を阻み、この富士額を望むことが出来ません。

山々から景観を邪魔されず、富士山の山頂部を正面から望むことが出来るのが、唯一御殿場市になっているんです。

そのため、御殿場市からの富士山の眺めはとても素晴らしいんです。

御殿場市ってどんなところ?

御殿場市は静岡県と神奈川県の県境にある地方都市で、富士山の麓に広がる都市です。

比較的温暖な地域でもある静岡県の中にあって、御殿場市は冬の寒さが厳しく、雪が降ることもありますが、夏場は比較的涼しいという特長も持っています。

現在の御殿場市は御殿場プレミアムアウトレットや市内に複数ゴルフ場を有するなど避暑地としての一面があり、さらに富士登山の登山口の一つでもある御殿場口を有する富士登山の足掛かりとしても有名な都市ですが、実は市域の三分の一は東富士演習場や在日米軍の海兵隊のキャンプ地区があるなど、防衛関連の施設として利用されているという一面もあります。

御殿場市はやまやまに囲まれた地形も特徴的な地域です。

富士山や丹沢山、箱根山、愛鷹山などに囲まれた地域であるために霧が発生しやすいという特長もあります。

これらの山々の峠から眺める御殿場の夜景は非常に美しいと評判になっています。

また、秩父宮雍仁親王・勢津子妃の別邸跡地は秩父の宮記念公園として一般開放されていますが、宮家が愛する土地でもあったということがよくわかります。

御殿場のお勧めグルメスポット

御殿場市は避暑地としても非常に人気で、最近では御殿場プレミアムアウトレットの存在などによって、お買い物客も多く訪れます。

そんな御殿場市で人気のグルメスポットを紹介して行きたいと思います。

まずは御殿場高原ビールを堪能できるレストラン、「GRAND TABLE」です。

美味しい地ビールと共にいただくピッツァの味わいはまさに格別です。

ステーキやウィンナーなど、ビールに合う料理が非常に多いという特長もあります。

車以外の交通手段でおいでの方は、ぜひ一度味わってみてください。

「名鉄菜館」は御殿場駅から車で5分ほどの距離にある中華料理店で、昔から地元の人に愛されているお店として人気です。

古くから続くだけある美味しい中華を堪能することが出来ますよ。

昭和10年に創業した老舗の名店といえば「妙見」です。

鮎の姿寿司や鱒の姿寿司など、丁寧で技がある御寿司を堪能することが出来るお店として人気です。

竹を使った落ち着いた雰囲気のお店で、新鮮なお寿司をいただくというのは、雰囲気も味わうことが出来るということで人気が高い名店になっているんですよ。

ファラーリ美術館の凄いところ

フェラーリ美術館はもともと、スーパーカーコレクターであった松田芳穂さんが集めたフェラーリやフェラーリの関連グッズを集めて展示した美術館です。

フェラーリの魅力がたっぷりと詰め込まれた美術館として人気がありましたが、エコカーブームなどの影響により、スーパーカーの人気が低迷し、2008年2月にフェラーリ美術館自体は残念ながら閉館しています。

松田芳穂さんは大変なスーパーカーコレクターであり、その中からフェラーリだけを集めたフェラーリ美術館には、新旧のフェラーリが一堂に展示された世界的にも注目された美術館となっていました。

そこに存在すること自体が芸術品であると言われててきたフェラーリの数々が、広い美術館に沢山展示されていたそうです。

現在フェラーリ美術館があった御殿場のヴィンテージ・ガーデンでは、年に一度フェラーリ・ブランチというフェラーリのイベントが開催され、その時に特別に松田氏のコレクションが公開されることがあります。

現在は無くなってしまったフェラーリ美術館ですが、沢山のフェラーリが並ぶさまは、壮観だったことでしょう。


目次